旅行の写真

掲載遅延しております。。。

THETA写真を選ぶのがなかなか大変で、
開いて回して、開いて回して、を350枚ほど繰り返さねばならず。

DEV-30も、再生して静止画切り出し、なかなか大変です。

そういうわけでも少し遅れます。
まあオリンピックを見ていたという理由もありますが。

現在選んだTHETA写真はこちら。以前のもあるよ。
https://theta360.com/users/1236

| | コメント (0)

FinePix Real 3D W1

買いました。出てすぐに。
ステレオデジカメ。

楽しい。
実に楽しい。
撮るときも、見るときも楽しい。

コダックのフィルムステレオカメラをやっていたのだけど
すぐに立体で見れる、てか、撮影する前から立体に見えるのが
もう楽しい。

ズームができる。撮影時も再生時も。
特に再生ズームが楽しい。
再生ズームしても立体的に見えるのは
当たり前なんだけど新鮮。

3D動画も撮れる。これがまたイイ。
ミニチュア化されて立体的に見える。

レンチキュラーや液晶サイズの限界もあるけど
そんなの吹き飛ばすぐらいの楽しさだ。

フォトビュワーも出たけど、
フィルムステレオ写真出身としては
HD解像度ぐらいある覗きめがね的ビュワーがほしいな。

| | コメント (1)

こんなん

うつりました。Kiss Digital N。

あまりぱっとしない写真ばかりですな。
実家の猫は、変な顔してる。

使ってみて。
17-55レンズのテレ端付近での色収差が
かなり気になります。
それと、テレ端で縦アングルのとき、
AF動作で、レンズが、かなり、がたつきます。
横だと、それほどでもないのだけれど。

全般に、アパーチャ弱めですが、
細かいところまで解像してて良いです。

色はカスタム+1でも、ややあっさり系でしょうか。
WBは良好だと思います。

AFは、暗いところは結構迷います。

200枚ほど撮りましたが、
まだ電池は保っています。
残量少インジケータが
出るのが、ちょっと早いかも?

さっそくビューファーにゴミが。
写真にもちょっと写り込んでますが、
これはレンズかローパスか。

カメラに所有者登録して、
EXIFに記録されるようにしました。
あとは、ピングーシールを貼るだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS Kiss Digital N

買いました。

目的は、隠し砦の不魚住の写真を、
もそっと、まともに撮りたかったからです。

おそらく、こんな目的で買うやつは、
世界でも私だけでしょう。

しかし、今後どれだけ続けるかはわかりませんが、
ここ1年以上撮り続けた不魚住は、
それなりに貴重な?記録な訳で、
貴重であるからには、きれいに記録したいというのが
人情と言うものでしょう。

実際のところ、こないだの二次会の写真&ビデオが
ぼろぼろだったというのも、きっかけではあります。

買ったのは、黒ボディのレンズキットで、
川崎淀で¥(119-5)k-10%でした。
GW前で、書き入れ時だろうと踏んだのですが、
全然しぶちんでした。
この様子だと、ニコンが出るまで、
値段が下がることはないでしょう。

予備バッテリも一緒に買いました。
¥5k以上します。
200枚以上とれるとのふれこみのようなので、
いらなかったかな?と思いました。

休出でくたびれてたので、
買うだけ買って、さっさと帰る。

例によって、取り説は無視して、
伝統?の緑の四角モードで、
さっそく不魚住を撮影。

ストロボ良好。さすがGN12。
WBも、予想以上に良い感じです。
ストロボなしで撮ろうと思っていましたが、
これなら焚いても良さそうです。

ていうか、今まで使っていた、IXY-DVM2が、
感度、ストロボ共に、あまりに非力だったので、
比較になりませんが。

写りの感想としては、
思ったほど、シャープさがないかしらんというのと、
レンズに、ちょっとタルひずみと色収差があるかしらん
てなところです。
不魚住では、これぐらいしかわからん。

めだかの写真は、ストロボを焚きたくなかったので、
プログラムオートで、ISO400に設定。
こちらも、露出良好。と思う。
めだかも見えるようになった。
さすが800万画素、
後は、画郭をあわせるウデだけだ。

記録メディアはCFですが、
M2で使っていた512M(10MB/s)のSDと、
SD->CFアダプターで、問題なく使えています。

記録速度とかは、まだわかりません。
今度計ってみます。

CFはサンディスクのULTRAIIとやらが、
相性が良いようですが、
CFアダプタ&SD20MB/sとどっちが速いのかしらん。

ボディは、金属でできていて、(マグネ?)
梨地仕上げになっています。
小振りなグリップを握ると、爪も研げます。

モードダイヤルは全体のバランスからして
大振りで、回しやすいです。
横刻みが入っているのは、引っ張れるよ、という
サインだと思うのですが、もちろん引っ張れません。

ストロボは、かなり高くポップアップします。
縦に構えて、壁により掛かると、
けられそうです。気をつけねば。

マニュアル読まなくても、だいたい使えるように
できています。
メニュー関係も、操作しやすくできています。
十字ボタンにショートカットが割り当てられているので、
必要な機能は、すぐに呼び出せます。


とまあ、今のところの感想はこんなところです。
写りについては、もう少し取り込んでから。

さて、猫でも捕り、いや撮りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)