富士登山3日目

早く横になったものの、寝られるわけでもなく、
お腹も減ってきたので0030頃起床。
買っておいたパンを食べました。
風は一向に収まりませんが、山頂でご来光を見る団体さんは
真っ暗の中、旅立っていきました。
外に出ると思ったより気温は低くありません。
下からはライトをつけた登山客がどんどん登ってきます。
強い風の中ご苦労なこってす。

201507190036571
下のほうが登山者の光です。
動画でないとよくわかりませんな

御来光は山小屋から見ることにして
またすぐに寝ましたが、
2時ぐらいまで夜間登山の客が途切れることはありませんでした。

0430起床。
山小屋の前で御来光を見ます。
風も収まり、景色がきれいに見えます。
てゆうか八合目で見る朝日を御来光と言っていいのでしょうか。

201507190427111

朝日はなかなか撮影するのは難しいです。
日の出前のほうがきれいな映像が撮影できました。

201507190435402

御来光を堪能して0500出発。
しばらくはつづら折りの砂利道で、
これなら昨日のうちに本八合まで登れたかもしれません。

201507190511311

201507190614201

団体の客もなく、個人登山の人がぽつりぽつり。
一人孤独に登っていきます。
今のペースが速いのか遅いのかよくわかりません。

本八合を過ぎたあたりから岩場になります。
そして下界の景色にお別れして雲の中へ。

201507190636131

岩場はどんどん急になるし、
昨日の疲れも出てきて足も上がらず。
また雲の中で後どれだけ登ればいいのかわかりません。
精神的にもしんどい中、休み休み登り
九合目の鳥居を通過。

201507190719241

あと少しです。
しかしここからの岩場が急。

201507190751071

よいしょよいしょ言いながら、
0810山頂到着!

201507190806461

201507190830251

やりました。頑張りました。へとへとです。
雲の中で、なんも見えねえ。(北島風)
頂上は風も強いです。
神社にお参りし、金剛杖にハンコを押してもらって
スタンプラリーコンプリートです。

頂上には山小屋というか売店がいくつかあり、
もっときれいな感じの建物なのかと思っていましたが
山頂という険しい環境にさらされた感のある建物でした。

201507190909461

山小屋で味噌ラーメンを食べました。900円。
サッポロ一番的なインスタントで麺も生煮えでしたが
なにより温かいものを食べられるだけでありがたいです。
がぜん元気がでてきました。

神社でおばあちゃんと妹にお守りを買い、
いよいよお鉢めぐりです。
最高地点剣ヶ峰に挑戦です。

201507190901022

しかし風が強い。
しかも雲で道がよくわかりません。
風にあおられれば谷底か火口に落ちて命がありません。
とにかく怖いです。

201507190901021

時間はまだあります。お鉢めぐりはいったん中止して
神社のところまで戻り、
しばし休憩して天気の回復を待ってみます。

しばらく待っていると、
3人づれのおっちゃんが来て、お鉢めぐりをしてきたとのこと。
風は強かったけど、風よけになる地形のところもあって、
一時間ほどで回ってこれたとのこと。

剣ヶ峰、どう考えてももったいねえな。。いくか~。(隠し砦風)

勇気を出してお鉢めぐり開始。
おっちゃんの話によると、網で柵?になっているところを
進めとのこと。

201507190946221

ほかに人もおらず、一人で雲の中を進みます。
景色はまるで地獄のようです。
風にあおられたら崖の下に落ちるか
火口に落ちるかです。
しかし風が遮られるところもあり、何とか進んでいけます。

201507190948192

少し行くと、御殿場ルート頂上に到着。
頂上郵便局がありましたが手紙を書いている場合ではありません。
神社で安全祈願をして進みます。

急坂の上が剣ヶ峰、富士山測候所跡です。

201507191015531

剣ヶ峰登頂!

Theta01

やりました。日本で一番高いところに立っています。
来てよかった。来れてよかった。
けれど雲の中でなんも見えねえ。(北島風part2)
家族や会社の人にメールを入れます。

剣ヶ峰を下り、再びお鉢めぐり。
途中めちゃ風が強いところがあって
本気で命の危険を感じました。
ここで落ちたら、さっき送ったのは最後のメールになるんだな。。
と思いながら体をかがめて早足で切り抜けました。

ほうほうのていで吉田口に戻り、
1130下山開始。
下山道はつづら折りの砂利道です。

201507191245411

下りはひざや足が痛いです。
登りの足運びについては本で読んでいましたが
下りについてはどう足を運んだら良いのかよくわかりません。
硬いところよりも、じゃりじゃりの柔らかいところを選んで
ゆっくり下りて行くのですが、
後続にどんどん抜かされていきます。
17時のバスに乗らないといけません。
このペースでほんとに時間までに五合目にたどり着けるのか
不安になります。

8合目あたりまで下ると雲も晴れ、
下界の様子も見えるようになってきました。
気温も上がり、カッパやフリースを脱ぎながら下ります。

201507191314542

六合目あたりで登山道と合流。
結構な数の団体さんがどんどん登っていきます。
明日晴れるといいね。

足の痛みに耐え、休み休み、
なんとか1450吉田口五合目に到着。
下りしんどかった。。

201507191452121

たった2日間なのですが、一週間ぐらいの経験を
したような気がします。
今回は頂上からの眺めは見られませんでした。
次はいつになるかわかりませんが
今度はぜひ頂上からの景色を見たいです。

201507191559451

GPS軌跡はこちらで。

| | コメント (0)

富士登山2日目

2日目っていうか初日ですが。

0600新宿高速バス乗り場到着。
予約した吉田口五合目行き0640発のバスは
高速道路は再開したものの、
スバルラインが閉鎖中のため、
河口湖で下車、もしくは引き返すそうな。。

行けないのならばこの足で京王線に乗って高尾山に登るか、
と覚悟を決めていたところ、
スバルライン再開で予定通り出発するって。
やりました!

0640無事出発。
バスは外国人多いです。1/4ぐらい。隣の席の人はドイツ人でした。

201507180643131

スバルラインの木々は風で大きく揺れています。
雨もすこし降っています。
ほんとに登れるんでしょうか。。

0940吉田口五合目到着。高速道路が連休で渋滞し、
到着が1時間以上遅れました。

201507181157442

いやいや五合目はすごい風です。ほんとに登れるんでしょうか。
高山病に備え、1~2時間ほど五合目に滞在するがよろし、
とのことなので、1200に出発することにして、まずは着替え。
雲上閣の3階で着替えられます。ここで着替えていいんだよね?
部屋には3人ほど居ましたが、いつしか人がいっぱいになり、
階段にまで人があふれかえりました。

時間があるので、先にお土産を買ってしまいます。

ロッカーがあるので、帰りの着替えとお土産、
あと使わなそうなUSBバッテリーを預けときました。

昼は雲上閣レストランでほうとうを食べました。
うまいです。おすすめです。

ここのトイレは100円とられます。
する前とした後にボタンを押せとあるのですが
押してもブーンと音がするだけでなにも起きません。
と思いきや、しばらくして泡がむくむく出てきました。
これで壁面の保護と洗浄をするようです。
洗面の水もちょろちょろしか出てきません。
水が貴重なことをさっそく思い知らされました。

金剛杖を買い、1200いよいよ出発です。

201507181157441

登山道入り口でボランティアの方に声をかけられます。
頂上は30mの風が吹き、できれば登山を中止せよとのこと。。
今日は8合目の山小屋・蓬莱館に宿泊予定です。
本によると4時間20分ほどの行程です。
15時まで登って、その時点で引き返すか判断することに。

201507181208551

出発してすぐに緩やかな下り。なんか釈然としませんが、
林を抜けて、6合目到着。
いよいよ本格的に富士登山という感じに。

201507181345031

風強いです。10m/sほどあります。風速計を持っていきました。
つづら折りの砂利道で、すこしでも風を防ぐため、
壁に沿って登っていきます。
風で砂も舞うので、花粉の季節でつかうゴーグルを装着。
見た目はあれですが、なかなか効果的でした。

団体さんも登っていきます。
団体さんには山岳ガイドさんもついていますので、
この人たちが戻るようなら戻りましょう。

団体さんを抜きつ抜かれつしながら登ります。
結構息が上がります。
見上げると山小屋が見えます。
あそこまで登れば7合目!
意外に近いぞ。がぜん元気がでてきます。

201507181345101

7合目到着。
山小屋の前ではたくさんの人が休んでいます。
金剛杖に山小屋の焼き印をしてもらいます。
だいたい1個300円。2個で400円というところもあり、
1個でいいですというと300円でした。。
山小屋は空いているとのことで、
だめなときは降りてきてここで泊まろう。。

201507181405081

ここからは岩場です。
足を置くところを選びながら登ります。
なるべく低い岩を踏み、体力を温存です。

201507181430141

風は弱くなる予報でしたが一向に収まらず。
居合わせたツアー団体の最後尾のガイドに聞くと、
本八合の山小屋まで行くとのこと。今日予約した山小屋の1つ上です。
この団体が行くなら行けるのだろうと登山続行。
もし一人だったら、また雨が降っていたら下山していたであろ。

201507181537241

ツアーの人たちは結構なペースで登り、休憩を細かくとっている感じです。
私は、ほどほどのペースで登り、30分ごとに休憩を入れました。
休憩で飲む水がうまい。こんなにうまい水は初めてです。

急な岩場を登り、1605に8合目、蓬莱館に到着。
予定時間よりちょっと早めに着きました。
結構へとへとです。強い風の中よく頑張りました。

201507181604051
なんのあれもない写真ですが。。

201507181606081
蓬莱館からの景色。

山小屋の寝床は上下二段になっていて、寝袋と枕が置いてあり、
端から順に詰めて寝ます。
すでに5人ほど寝ていました。
となりはまた外国人です。
こんどはどこの人かわかりませんでした。多分北欧系。
鼻が高くて呼吸が楽そうです。

201507181620291

17時に夕食。ちょっと早くね。。
例によってカレーです。

201507181703481

卵ハンバーグとポテトサラダがついてきました。
ハンバーグはカレーに入れるとよろし。
水とビニール袋は朝食です。パンとレトルト釜飯的なものでした。

夕食をとり、寝袋で寝ます。
外は風がごうごうと吹いて一向に収まりません。
隙間風が頭に吹き付けて寒いです。
ニットの帽子を持ってきて正解です。
深くかぶればアイマスクにもなり、横向きに寝ても
隣の人が気になりません。

頭が寒かったせいか、高山病のせいか、
寒くて少し頭痛がします。
持ってきたものを全部着て、寝袋で暖まり、
たっぷり呼吸を心がけたことで、具合はよくなりました。

しかしこれだけ強い風が吹いても
山小屋はびくともしません。
頑丈にできてます。

あしたはいよいよ山頂へアタックです。

| | コメント (0)

登山に備えて

今日は午後休。

どう考えても台風で金曜日の登山は無理そうです。
金曜日は五合目で泊まることにして、
土日に登ることに変更。
まず山小屋の予約を金から土に変更。
空いていてよかった。あまり人気ないのかしらん?
そして金曜日の吉田口五合目のカプセルホテルを予約。
帰りのバスも変更。

バスの変更はしたものの、今日のバスはみんな運休。。
明日中に五合目までたどり着けるのか?

| | コメント (0)

登るぞ富士山

金曜日から一泊二日で富士山に登ってきます。

この富士登山のために、昼休みに14階の階段を2往復上り下りし、
また昼食は炭水化物を控えて、サラダと肉魚の単品にして
5kgぐらい痩せました。

登山グッズも揃えました。
ICI登山店で服と登山靴(高かった。。)とザックを
買いました。
コロンビアだったかの、あったか下着と
モンベルのカッパは持っているのを使います。

富士山に登るのには4つのルートがあり、
今回はもっともメジャー?な吉田口で登ることにしました。

当日の予定。
0840の高速バスで富士山吉田口五合目へ。
怖いのは高山病です。1時間ほど体を慣らすため、
先にお土産を買ってしまい、食事をとって
13時ごろ吉田口五合目を出発。
夕方、八合目の山小屋着。
御来光は別に頂上で見なくても良いので、
山小屋から見て、6時ごろ出発。
9時ごろ山頂に到着し、お鉢めぐりをして最高地点の剣ヶ峰登頂。
12時ごろ下山を始め、17時の高速バスで帰る予定です。
すでにバスも山小屋も予約してあります。

不安と楽しみ半々です。
そして台風も近づいています。
ほんとに登れるのでしょうか。

| | コメント (0)