ディンギー

今日は朝からガスっていて、富士山はおろか、稲村ケ崎も見えません。
午前中は陸も見えていたのですが、午後、浜に帰る途中に霧になり、
陸地も見えなくなってしまいました。視程は50mほどでしょうか。

あわてず騒がず、fenixで進行方位を確認し、無事戻って来れました。
先生は風位でわかるとおっしゃっていました。
もう一人の生徒の方は腕時計のコンパスを見ていました。

クリックで詳細地図表示
ディンギー 2014.6.1

霧の材木座海岸。
Dsc_0296_2

| | コメント (0)

風良し

ディンギー。

天気も良く富士山や大島も遠くに見えました。

ランニングもだいぶうまく走れるようになってきました。
クロースも、まだ風のシフトなのか風が落ちたのか判別つきませんが
いいとこ行っていると思います。

| | コメント (0)

eTrex10

英語版買いました。
尼のマーケットプレースで13000円くらい。
壊れたfenixの修理中の代打として。
eTrex30も持っていますが、
海の底に沈む可能性がある用途に使うのは、ためらわれます。


Dsc00140


特徴としては
GPS+GLONASS対応
モノクロ液晶
メモリ10MB
20時間駆動

です。
GLONASS対応でこの値段ならロガーとしては最強でしょう。
ちょっと大きいですが。

地図のカスタマイズ法はググってわかったので
海岸線・河川のみの地図を作ろうとしましたが
地図作成ソフトの設定が難しく、挫折中。

| | コメント (0)

10kt越え

の爆走ディンギー。

午後から風強く、先生の操船でアビームでぶっちぎってもらいました。
センターボードがうなります。
レーザーの実力を目の当たりにしました。

その後も風強く、沈。
海況が回復しなかったので早めに上がりました。

早く上がったので、帰りに鶴岡八幡宮に寄り、
ヨット技能向上をお願いして帰りました。

今日の航跡。

上り角度が悪いのは、セールを引き込み切っていないからです。
チキチキ引き込むと舵がシビアになるためです。のはず。

| | コメント (0)

ひさびさにディンギー

乗ってきました。

北~東の風、2~5mぐらい。

ジャイブがまだ怪しいですが
大分うまくなってきた気がします。

今週末(木曜夜~)はヨットスクールで大島です。
こちらも楽しみです。

| | コメント (0)

今日のディンギー

今日は風が少し強く、波もそこそこありました。
クロースでブイブイ?走りました。

Dsc_0219
夕日がきれいです。

| | コメント (0)

今日のディンギー

天気よく穏やかな一日。だったはず。

Dsc_0212
冬の材木座海岸。富士山がきれいでした。

| | コメント (0)

ヨットつなぎ

大枚はたいて?買いました。

つなぎというか、いわゆるドライスーツです。
足はゴム靴下になっており、スーツ内に水が入る・ぬれることはありません。
手首と首はネオプレンでできており、水が入らないようになっています。
これらに加え、ネオプレンの手袋と靴下で
真冬でも全然寒くな~い。(手は濡れるけど)

Tunagi

クルーセーバーsabre

軟弱セーラーここに極めり。

| | コメント (0)

今日のディンギー

曇り。風速2~5m。

午前中はいい風が吹いて5kt以上の快速セーリングでしたが
午後からは微風に変わりました。

今日は曇りで寒く、水にぬれる手足がとても冷たいです。


<セーリング沈について>
クロースで落としすぎ。
アビームでセール引き込みすぎ。
引き込みすぎ->ブロー->セール出す->揚力最大->大ヒール(ブローチング)->沈。

クロースでシート出して風を逃がしたら(ヒールがこれ以上しなくなったら)すぐシート引き込む。
ヒールモーメントを保つ。揚力の持続。

<ジャイブについて>
デッドランからデッドランへ。
最後にあて舵。

<その他>
ティラーを持ち替えるときは、人差し指と中指の間でティラーを持って
うまいこと持ち替える。

落としすぎがわからなかったら上れ。

ウィンドサーフィンの人がたくさんいました。
後ろは多分大島。
201312081404421


本日の航跡。

| | コメント (0)

ヨットバッグ

買う。。。

結局この一年間のヨット通いでは、
JTBのマークの付いた(謎)
しょぼいバッグで通してしまった。。

ので思い切ってタイマイはたいてムストーのバッグを買う。

Al3032_black_1_2

なかなかデザインが良い。高いけど。それがムストー。

65Lのものにしたけど、ウェア類を入れると結構ぎりぎり。
生地は、もっと厚みがあるのかと思っていたら案外薄かった。

これでスクール通いも楽しくなるぞ。

| | コメント (0)