バリウク2号

製作中だよ。
今度は素朴な感じで丁寧仕上げにするよ。

ホールのまわりの穴飾りをしないだけだけど。
当初は貝を埋めようと、きれいな貝とリューターまで買ったんだけど
シンプルにポ~ンと音を出したくなった。

つまり、工芸品を作るのか、楽器を作るのか、どっちよと。
で今回は楽器を作ることにした。

1号は魅惑のボンキュッボ~ンでしたので。
2号機はおしとやかに。

背筋正しく、控えめなバストで
スタイリッシュなくびれと(ウエストサイズは変わらないんだけど)
ねこチック?なヒップを持った、
大和撫子ウクレレを目指しています。

なんのこっちゃ。

今回は、わりかし、位置や水平垂直を出したり
部品ぽん付けでなく、それっぽく削ったりして
楽器としていい音で鳴りそうな加工をしているよ。
(ググった受け売り情報)

音は変わるだろうけど、いろいろいじっちゃうから
どのパラメータが効くのか、わからんだろな。
多分ボディの撫子形状で決まると思う。。。

でもいろいろ素人なりにイメージしていじるのが
楽しいのだ。

ウクレレ工作本(洋書)も発注しているよ。
金遣いあらいちゅう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しつこく

バリウクのナットをさげたら
もうビビる寸前まできた。
てゆうか、大きく鳴らしたら、ビビリ必至。。。

やっちまったりなんか、しちゃったりして;ω;

これを日本語で、

「いじりこわした」

という。
主に工作・修理を愛好する物に対して
若干の羨望と皮肉をこめて使う言葉でもある。

ま、修理なんぞちょいちょいですぞなもし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習もしているよ

なかなかコード覚えられん。

抵抗のカラーコードは覚えてるけど。
あ、そ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわんこっちゃね

2弦の1フレットを押さえて強く弾くと
2フレットに弦があたって、ビビっちゃうよ。。。

よく見ると、2フレットだけ、他のと比べて、
ちょっと浮いてるぞ。

よく見なくても、前からうすうす気づいてはいたのだけど。
サドルを低くしたからか。
ほとんど変わらないと思うけどな。

ネックを傷つけないように
布と板を当てて、
例によってウォーターポンププライヤで
ネックの幅に合わせて、ムキになって締め付けた。

ま、だいたいよかろ。
全力で弾くとまだビビるようだけど
気になるようならあとはフレットを削るしかないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サドルも削って

低くすることを思いついちゃった。。

虎穴ジャンキーだ。

全体に平ヤスリで削って、
1、4弦を短く、2、3弦が長くなるように
三角に傾斜をつけて削る。

0.5mmぐらいかしらん?
三角の頂点を前に比べてとがるように削った。

Img_7356

結果、テンションほとんど変わらず。

3弦レの音程は気持ち改善したか。
これについてはもういじれるところが無い。
虎穴も無ければ入れない。

がしかし、サステイン?が長くなって
響きがよくなった。
ギターぽい感じ。

点で弦を支持することで、
振動しやすくなった、ということかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜の楽器やで

売り物のウクレレを研究。

古いウクレレとかもある。
表板にテーパーがついていて、
おしりほど薄くなっているのもあった。
なるほそ。

はしのえみに似たチャーミンな店員さんに
いろいろ教えてもらう。

音が明るいやつをリクエストしたら
コアロハ?を勧められた。
形もイカしてる(死語)し、音もコロコロして良い。
6万円ぐらい。こらえる。

指板の横にも木が張ってあって、
フレットがはみ出さず、
指にあたらないようになっている。
なるへそ。

あと、バリウクよりもフレットの高さも低いようだ。
弦高も低い。
なので押さえたときのテンションが低い。
な~る~。

フレットを替えるのは無理だけど(削る?)
弦高はナットの溝を掘れば下げられそうだ。

押さえたときのテンションが下がって、
3弦レの音程が良くなるかも?
やりすぎると弦がビビるそうな。

その足で、ハンズに行き細いヤスリを買って帰る。


で早速ナット全体の高さを削り、
削った分、溝を深くした。
溝が広がっちゃうと弦がビビるので
注意深く削る。

前後で測ってないので何とも言えないけど
0.5mmぐらい削ったかな?

若干、3弦の音痴は改善されたような?
押さえテンションは下がったので良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会

さらに良いものを作るためには
反省も必要です。

自分自身、ちっと反省が過ぎるようだけれども。

まず、図工チックになってしまった一部塗装。

P2250184


表板の塗装時に指板部がじゃまで
てるてる坊主でうまく塗装できなかった。

ここは塗装後に指板を接着する方がいいと思った。
瞬間接着剤で仮止めしてネック加工しておいて、
ばりっとはがして塗装はどうよ。

平面部はとても良く塗装できた。
こんなにうまくいくとは思わなかった。


指板に塗装しなければ良かった。

P2240182

これはこれで手作り感があって良いかも。
手の脂とかもぬぐい落とせるし。

指板とネックの接着と加工はとてもうまくいった。
フレットのはみ出しもない。


サドル取り付け部、弦を張ったら浮いてきてしまったよ。。

P2240181

ボンドの量が不十分だったかも。。
木ねじでも止めているのだけど、しめ込み不十分の可能性も。
しめ直すとなると、サドルの寄せ木細工をうまくはがさないと。


ホールのまわりのインレイ飾りのうえにもニスが乗るので、
ちょっと茶色くなってしまうのはどうしたらよいか分からない。
次はアワビとか入れたいな。


あとは表裏の板の接着で、若干の隙間があり
ボンドで埋まっているので良いと思うけど
もう少し密着させたい。
これは側板の接着面のヤスリ加工を平面でしなかったから。


ネックがわずかに曲がってついているのは問題ないけど
サドルの取り付けでやや左に寄ってしまい、
弦も左にだいぶ寄り気味。
あらかじめ加工してある、サドルの弦の取り付け溝が
すでに左により気味だった。

この辺の取り付け精度を改善したい。

もうこの辺の最後の工作になると完成を急ぐあまり
作業がおざなりになってしまったところもある。

ボディの面取りは良い。
持ったとき優しい感じがする。

工芸品としては良くできた方だと思う。

楽器としてどうかは、まだ演奏できるウデがないので
おいおい評価していくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成!

シュトラディバリウク!

Img_3117

P2250187

あ~感無量なり。
想像以上にうまくできた。

夜中なので大きな音では鳴らせませんが、
ポロロンとならしてみます。

響く!

むか~し買った5千円ウクレレとは
音色も響きも全然ちがいまさぁね。

安ウクは、ポロロローンなのだけど、
バリウクは、

ポゥロゥロゥロ~~~ン!

てな感じですよ。
マホガニーの板が響きます。

胴も木目に沿って光り輝いています。
手にしっとりときます。

久々に丹精込めてものを作った気がする。
仕事でもこういきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗装

はセラックニスというのをハンズで買ってきて使いました。
セラックてのは、まあググってもらうとして、
楽器によく使われてきたニスだそうです。

布でてるてる坊主みたいなのを作り、それにニスを付けて
なんちゅうか、ぴと~と木部になすりつけます。

これによって、ハケで塗るよりも均一な塗膜になるようで、
うまく塗るとてかてかに光りますが、
何度もなすっていると、乾いてきて曇ります。

弦をつけるサドルのところをマスキングして塗ります。

30分ぐらいで乾くので細かい紙ヤスリ(#400ぐらい?)
でこすってまた塗ります。

P2220168

この辺はググって情報を仕入れました。

が、指板のところをテルテルで塗るとき
塗料が集まって濃くなってしまいうまくいきません。

紙ヤスリで削りつつ、微妙なところは仕方なく筆で塗りました。
そこんとこだけ図工工作チックになって残念。

ですが、木目が光の角度で輝きます。
想像以上の仕上がりです。

乾燥後、サドルをボンドで、ナットを瞬間で接着。
案の定、瞬間ははみ出して粉吹いちまったけど
気にしない。

最後にペグを付けて、弦を張ったら完成だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネックの形を

整えるように削る。
またカッター。もう手になじんだ。
小刀買えば良かった。

指板がネックより小さいので
ネック側を削り、
裏側をいいあんばいのアーチになるようにヤスリがけ。

削ってこすって、木部完成。

P2220164

おお~。
ヤスリがけしたので表面さらさら。
面取りしたので持った感じがとても良い。

調子こいて、指板まで紙ヤスリでこすったのは失敗だった。
ここは塗料を塗らないらしい。
ペグ打つところは茶色い薄い板がそれらしく接着されているので
ここは削らないで正解のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧